個人輸入のメリット

個人輸入というのは、海外で販売されている商品を、個人輸入代行業者を通して輸入するという方法です。個人輸入というと、難しいようなイメージがあるかもしれませんが、誰でも利用しやすいようになっています。個人輸入のメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

・海外のものを入手することができる

海外で販売されているものの中には、必要とするものが、国内で販売されているものよりも安く販売されている場合があります。

さらに、国内で取り扱っていないようなものを入手しようとした場合、これまでは、海外のサイトで販売されていなければ、現地で直接、購入するしか方法はありませんでしたが、現在は、幅広い商品を取り扱っている、個人輸入を通して、簡単に入手することができるようになっています。

個人輸入でも、必要なものを注文してから、さほど時間をかけることなく、素早い対応で、郵送してもらえることが多いため、国内のサイトで必要なものを購入した時と、同じような感覚で利用することができます。

・日本語のサイトが多い

個人輸入は、海外のものを取り扱っているため、個人輸入をするプロセスでは、すべて英語で対応しなければならないのではないか?と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、現在は、個人輸入の代行業者というものがあり、個人輸入の代行業者のサイトから、必要なものを注文するという形を取ります。さらに、個人輸入代行業者のサイトは、ほとんど日本語で対応しているため、国内の通販を利用する時と同じ要領で、簡単に利用することができます。

・必要なものを安く購入することができる

海外のものが国内で販売されている場合、商品の値段が高くなることがあります。しかし、個人輸入を通して、海外のものを入手した場合、商品の値段が安くなるというメリットがあります。

それは、輸入通関には、一般通関と個人輸入通関があり、個人輸入通関の場合、商品代金の60%に対して課税されるため、税金が安くなり、その分、商品の値段が安くなるからです。