アメリカのサプリと薬事法

日本では、国内のサプリメントの明確な位置づけが定まっておらず。食事から補いきれない成分を食品として補うことができるものという位置づけとなっています。

薬事法の側面から見ると、アメリカのサプリメントはどのような位置づけなのでしょうか。

・薬事法は何のためにあるの?

薬事法は、医療品・医薬部外品・化粧品・医療器具に対して、安全性と同時に、有効性を確保するためのものです。この法律があることで、数多く販売されている、健康や美容関連の製品が、健康を損なうものでないかどうかを確認し、多くの方の安全を守ることができるのです。

このような法律がない場合、例えば、身体にとって有害なものが販売されているような時に、取り締まることができません。

・アメリカのサプリメントは医薬品扱い?

アメリカ製サプリメント

サプリメントは、食事だけでは補えない栄養を補うことができる、食品という位置づけです。

アメリカのサプリメントでも食品という位置づけということになるので、問題がないように感じることもあるかもしれませんが、アメリカのサプリメントの中には、日本のサプリメントの中に含まれていないような成分が配合されている場合があります。

さらに、海外で販売されているサプリメントは、数え切れないほど膨大なものである上に、ひとつひとつのサプリメントには、様々な成分が含まれているため、それをすべて確認、把握することが難しい場合があります。日本国内において、医薬品として販売許可が取れていないものは、無承認医薬品という扱いになりますが、アメリカのサプリメントは、輸入サプリメントであるため、日本の法律上、無承認医薬品に該当してしまうことで、その販売や購入に制限がされているというわけです。

・アメリカのサプリメントが必要な場合はどうすれば良いの?

アメリカのサプリメントを必要とする方の多くは、個人輸入という形を取られている方が多いようです。

これは、販売を目的とするのではなく、個人的にサプリメントを利用することを目的として、個人輸入代行業者などを通して入手する方法です。

販売拠点を海外に置いて営業しており、海外から商品を直送してくれるような業者もあるので、こういった業者を主に利用される方が多いようです。