個人輸入代行業者は何をしてくれるの?

少し前までは、個人輸入を行おうとすると、手間や時間がかかっていました。

しかし、現在は、個人輸入代行業者が数多くあるため、個人輸入が手軽なものとなっています。個人輸入代行業者は、どのようなことをする業者なのでしょうか。

・注文

本来なら、海外の製品は、日本の企業や代理店などを通して、市場の中で販売されているものを購入するというのが、一般的な流れですが、個人輸入代行業者を通した個人輸入は、個人と海外の販売店などの間を、個人輸入代行業者が仲介するという形を取ります。

個人輸入代行業者が、現地の販売店と、直接やり取りをして、製品の注文を行います。個人輸入代行業者にも、様々なジャンルに強い業者があるので、信頼性の高い実績のある業者を選ぶようにすると良いかもしれません。

・商品の支払い

アメリカ製サプリメント

商品の支払いは、個人輸入代行業者を通して必要な製品を個人輸入する場合、日本円で支払うことができます。様々な支払い方法がありますが、現地の通貨での支払いやクレジットカードでの支払いなど、面倒な点や不安な点を感じなくても済むところが、個人輸入代行業者を通した個人輸入の便利なところです。

個人輸入業者の中には、郵便振替などの後払いに対応しているところもあるので、支払い方法もさらに便利になっているようです。

・通関

通関は、製品を輸入しようとする時、税関官署に対して、品名・種類・数量・価格などに関することを申告するというものです。

輸入には、こういった手続きが必要となってくるのですが、このような手間の掛かる事柄も、個人輸入代行業者が行ってくれるので、個人輸入をする側は、面倒なことをまったくする必要がありません。その分、製品に対して、中間マージンなどがかかりますが、それでも、個人輸入の場合、一般的な市場を通して購入したものよりも、低価格で製品を入手することができるため、トータルで見てもかなりお得に必要なものを手に入れることができます。

・配送

必要な製品は、個人輸入代行業者が配送の仲介もしてくれます。注文時に記入した住所に配送されるので、自宅に配送されるのを待つだけです。現代は、素早い配送に対応してるようですが、場合によっては、やや製品が届くまでに時間がかかる場合があります。